マンションは、費用分担が合理的

住まいを選ぶときに、気にする基準は人それぞれですが、マンションと戸建の違いは生活スタイルそのものの違いになるので、初めに選んでおくと有効です。マンションは、エントランスや廊下などの共用部分を住人全員で共有するため、住人全員で決めたルールの管理規約を守って、共同生活を送る一面があります。これに対して、戸建住宅は、オーナーは自由に利用することができる反面、管理もすべて自分で行います。その結果、マンションの共有部分の管理費用は、住人全員で分担するため、警備員や受付スタッフを常駐させたり、監視カメラやオートロックなどの防犯設備も、手ごろな費用負担で利用することができます。マイホームは、ペットの飼育や楽器の演奏など、自分の思うままに暮らすのならば戸建住宅があっていますが、その分、日常の管理、施設の維持・補修費用なども自前になります。マンションは、立地条件や間取りに各庫で共通点が多いため、住む人も家族構成や価値観などに共通点が少なくありません。共感できる価値観を持てる隣人に恵まれ、手ごろな費用で共有部分の管理や充実したセキュリティの恩恵が受けられる、ライフスタイルそのものを選ぶならマンションが効果的です。

マンションの有益情報

新着情報

↑PAGE TOP

Menu